カテゴリー別アーカイブ: 予防措置

日頃から出来る予防などの事などを書きたいです

葬式会場に派遣されたお坊さんが

最近では宗教などに対する考え方が変わり、菩提寺がない人が増えて来ています。
しかし、いざ家族の誰かが亡くなった場合に、
菩提寺がないのにどこのお坊さんを呼んで読経をあげてもらえばいいか分かりません。
そんな時に助かるのが、葬式でお坊さん派遣をしてくれるサービスです。
このサービスを利用すれば、菩提寺を持たない人でも葬式の時に
お坊さんに来てもらい読経をあげてもらう事が出来ます。
お葬式だけではなく、法事などの時にもお坊さん派遣してもらう事が出来ます。
お坊さん派遣をしてもらうサービスを利用すれば、
今まで分かりにくかったお布施などの金額も、決まっているので安心して利用出来ます。
パンデミックに備える意味でもこのお坊さん派遣のサービスは魅力的です。

千葉でリフォームをお願いしようと考えている

住宅など老朽化によりところどころ悪くなっている場合、
リフォームを検討することになりますが老朽化した場所を修繕したりする以外にも、
リフォームをすることは健康のためにもなります。
広範囲にわたり流行する恐れのある病気にインフルエンザがありますが、
インフルエンザを予防する方法の一つに湿度を一定に保つことが挙げられます。
リフォームを行なう際に室内の湿度を一定の範囲に保つような素材を使用することで、
インフルエンザなどが発生したときに家にいる場合の措置が行えます。
また千葉でリフォームをする場合には首都圏であるため人の行き来が多いため、
インフルエンザなど発生している場合にはパンデミックに備えるためにも、
吸放湿性の高い素材でリフォームを行ないましょう。

インフルも治ったことだし、携帯買取屋さんでも行こう~

息子が通っている幼稚園ではインフルエンザがパンデミック状態になり、
急きょ、幼稚園が休園になってしまいました。
息子は予防注射をしていたけれど、結局インフルエンザにかかってしまい、
それから私にもうつったので大変なことになりました。
旦那は家事が一切できないので、私は熱を出しながらも料理を作ったり洗濯をして、
体重が2kgも減ってしまいました。
しかしようやくインフルエンザも治ったので、
以前から使わなくなった携帯電話を処分することにしました。
最初は捨てようと思っていたのですが、
友達から現金で携帯買取をしてもらえるという情報を貰ったので
買取り店に行ってみたところ、簡単に買い取ってくれました。
不要になったものがお金になったのでラッキーでした。

施工図を作成には集中力が必要です

仕事で現場監督をやっていますが、その業務は結構忙しいものなのです。
それは、業者さんや職人さんとの工事の打ち合わせや、
その業者さんや職人さんが行った工事などもチェックをするのです。
また、役所に対して工事関係の書類を作成したり、
その書類を提出しに行ったりすることもあります。
そういった仕事の中に業者さんや職人さんへ渡す施工図の作成があります。
その施工図は大事なもので、それがないと工事が進まなくなったり、
いい加減なものであるとトラブルが起きてしまうものです。
ですから、ミスをすることが許されません。
施工図作成は非常に集中力を要し根気のいる仕事なので、
風邪などをひいて集中力が落ちないように気を付けています。
そのため風邪予防は仕事を行うためには、とても大切なものとなっています。

看板デザインで注意喚起を

パニックムービーでパンデミックに対する注意喚起はなかなか促せないと思うのですが、
現実に起こりうるという危機感を持たせることができるものって何でしょう?
たとえば看板デザインで注意喚起を促す場合は
「この先、死亡事故発生現場」という文字とともに
グシャグシャに壊れた車の画像を赤い血だまりの背景の上に配置するなど
「気をつけないとヤバイ」と思ってもらうことが大事になりますね。
将来のパンデミックに備えるには、ネット上で注意喚起映像を流すことや
チラシが効果的でしょうか。
いかがですか?

オシャレな看板デザインをお探しならこちら
http://adfoam.jp/

漏水みたいな目に見える不具合が起きるまで、下水設備って注目されないものです

下水が逆流してくるというコンビニさんへ仕事に行って来ました。
商売柄仕方がない部分なのですが、油が詰まってしまっていて、
きれいにするのに一苦労でした。
例えばゲリラ豪雨で下水が反乱して消毒に一苦労なんて事が起きない限り、
普段は下水を結構甘く考えている人が多いのですが、
今でこそほとんどの地域で敷設が完了している下水設備、
一昔前は道路に垂れ流しだったわけで、疫病なんかも流行し放題だったのです。
もう少し普段からたかが漏水と油断せずに大事にしてあげてほしいです。

治験薬概要書はどうやって作るのか

エボラ出血熱やインフルエンザ、すでに治療薬は出来ていますが、
将来はどんな亜種が出てくるかわからない感染症。
今は世界中で日々治療薬が開発されていますが、
ひとつの医薬品が世の中に出るまでには気の遠くなるような時間とお金がかかります。
考えてもわかるように人間が飲むものですから、最終的には治験が必要です。
友人は新薬開発の仕事をしているのですが、
先日治験薬概要書の作成について教えてもらいました。
いろんな手順が必要なんですね。

樹木医とは切っても切り離せない植物の病気です。

実家の裏山に生えている松の木がカビの伝染病になってしまったみたいで
親戚中がざわざわしています。
伝染病って言うと人間の掛かる病気を想像してしまいがちなんですけど、
植物にももちろん伝染病って言うのはあって、
それこそ農家とか林業とか自然を相手に商売をしている人達には
最も恐ろしいのは植物界のパンデミックなのだとか。
専門知識がなく今までは親戚の悩みもどこか他人事だった私ですが、
樹木医を目指す友達が出来てからは植物の病気についても少し勉強しています。

井之頭病院等の入院施設がある病院は院内感染なんかにも気を使うし大変なんだろうな。

私は病院に関わる仕事をしているのですが、
院内でデング熱の注意喚起ポスターを見かける度に、
感染症というのはすぐに終結するようなものではないのだと改めて思います。
親類の子が入院してるので近くに住むうちの家族は良く井之頭病院へ行くのですが、
一見診療科目的に関係が無さそうに思える病院でも、
感染症に関する注意喚起はしっかりとなされているとか。
素人目には不要に思えるような色々な場所での掲示が
将来のパンデミックを防ぐ役割を果たしてるんだろうな。

インテリア的なおすすめベッドだったのですが、今年は虫よけにも大活躍でした。

私の仕事は薬品関係なのですが、今年もやはりデング熱をはじめ、
蚊を媒介とする伝染病の予防対策で夏は大忙しでした。
商売的には忙しいのは良いことですが、
やはり気になるのは将来的なパンデミックの恐怖。
どの国でも国民はまだまだ伝染病に関する危機感が薄く、
一度民間に広まってしまうと拡大を防ぐのが困難です。
海外等では虫害の予防に未だ活躍している蚊帳。
私の妻のおすすめベッドにも天蓋という蚊帳を吊るフレームが付いています。
元々オシャレ目的でしたが、今年は虫よけに役立ちました。

その先がラーメン屋だろうがテレビ台通販場だろうが。

コンスタントに映画館で上映されるパニックアクション映画。
これだけ人がバタバタ死んでいく映画が多いということは、
それだけ平和だということでしょうか。
このような映画は、往々にして出てくる一般人が大パニックに陥り
凶行に走るシーンが挿入されます。
よくタガが外れるからと言われますが、私はそうは思いません。
むしろ、周りに同期しようとする意識が凶行を大きくする要因だと思うのです。
例えるなら、何の行列かわからないのに並ぶようなものでしょうか。
たとえ、その先がラーメン屋だろうがテレビ台通販場だろうが、です。
そして、恐らく凶行の発端となる最初の一人目のタガは最初から外れてる、
と私は思うのです。

カラコンの通販利用者が気をつけること

視力矯正を目的としないカラコンの利用者については、
医師の診断を受けていない場合が多いので取り扱い方法を誤って
眼病に罹ったりするケースが後をたたないそうです。
2009年の薬事法の改正で品質や販売方法に決まりができたりはしたようですが、
カラコンの通販などで個人輸入するケースもあったり、
正しい利用方法の啓もうはまだ必要のようですね。
親戚がカラコンで角膜炎になったり、角膜潰瘍になったりしたそうです。

ギター教室も渋谷も人が多いので、この様な場所で疫病が広まったらとドキドキしました

渋谷のギター教室に出てきたのですが、
ロビーでエボラ出血熱の話題になりました。
パンデミックという単語を恥ずかしながら初めて聞いたのですが、
感染症が世界的に流行する事等をいうそうです。
今回のエボラ出血熱は言質ではパンデミッククラスの流行を見せているようですが、
幸いにというか、国外での爆発的な流行には至らず、
今のところ水際でせき止められている状態のまま、終息にむかっているそうです。
疫病等が流行しないように管理、研究している世界的な機関が、
こうした場面で活躍しているのでしょうか。

川崎で注文住宅の仕事に関わっていて改めて思った事。

川崎の注文住宅の仕事を請け負っていますが、
仕事の関係上、下水を始め排水設備等の敷設に関わる事も色々と勉強していますが、
日本の下水道設備はピカイチだと思います。
下水や排水の設備が行き届いていない地域では、
現代においても感染症や病気のリスクが高く、
いかにこうした設備が衛生面で重要になってくるかという事を表しています。
将来的なパンデミックの備えとしても、
こうした衛生設備を整えると言う事が大事なのだと思います。

サーフィン初心者が気になる団体

サーフィン初心者の友人はサーフィンを始めたいがために
湘南に引っ越しし、近くに転職も果たしたツワモノです。
サーフィンはこれから上手くなる予定ですが、
とりあえずスクールに通いながら研究もしているようです。
そんな彼が気になる団体は「サーフパンデミック研究所」
ちょっと刺激的なネーミングですね。
サイトを覗いてみるとサーフィン好きの方々の集まりですね。
サイトをみるとサーフィンをしたくなるウィルスの感染するらしいですが(笑)。

武蔵小杉の賃貸物件事情

最近、私の周りではちょっとした武蔵小杉ブームがやってきました。
というのも示し合わせたかのように武蔵小杉に引っ越す人が増えているからです。
同じ地域のよしみで友達と友達がつながることも増えそうなので楽しみです。
武蔵小杉が感染している?とも言えるのでしょうか(笑)。
武蔵小杉の賃貸物件はかなり人気が高いため、
空いている物件を探すのは大変ですが、
それでも越してくる人が増えているのでなにかしらのご縁があるのでしょうか。

電話占いは当たるけどパンデミックは

感染症についてはパニック映画やホラー映画でもよく見かける題材です。
いつかとんでもない新型のインフルエンザが猛威をふるう可能性もあり、
自然災害と同じく対策ができればいいのですが。
何が原因で起こるかというのは災害と同じですし、予測も防衛も難しそうです。
電話占いは当たるけどパンデミック予測を当てるのは難しそう。
科学者なのか占い師なのか動向調査だけでなく、
各方面からの協力が必要だと思います。

時間がないなら便利屋に頼むべきか。

昨年の夏に話題になった、蚊を媒介して広まる「デング熱」ですが、
今年も要注意のようですね。
シンガポールでは蚊がわかないように「7日以上雨水が溜まるような穴を放置したら
罰金$1000(約8万円)又は 3ヶ月以下の懲役」という法律があるようです。
蚊を増やさないことが重要なので、実家放置された庭を整理したいと思いましたが、
なかなか時間を作れません。
こんな時は便利屋にお願いして、庭の手入れをしてもらおうかと考えています。

専門医に行くように交通事故も専門家へ。

事故にあった友人が、交通事故に関する専門家(弁護士とか治療院とか)の元へ
かよっているそうです。
事故への怒りが掻き立てるのだとか。
私たちが病気になった時や、モノが壊れた時に専門家の元へ行くのと変わらないと
いっておりました。なるほど。
さて「将来のパンデミック」というブログタイトルですが
韓国MARSがパンデミックの兆しがあると報道されておりましたが、
韓国はどう収拾つけるのでしょうか?
京都府大がMERS感染予防薬を精製したとありましたが、どうなるんでしょうか?